オーストラリアのファッション事情!!!

f:id:tomominminchang:20170626204933j:plain

 目次 

1.オーストラリア(ブリスベン)のファッション

2.シーン別TPOファッション

3.若者に人気のブランド

 

1.オーストラリア(ブリスベン)のファッション

ブリスベンのファッションを紹介する前に、ちょっとした気候についての知識。

ブリスベンは東京に比べると1年を通して大分暖かいです。雪なんて降りません。

夏(12月~2月) - 30度超の日が続く。湿度は低いが、日差しが半端ない。

秋(3月~5月) - 日中は半袖でも過ごせるぐらい暑いが、朝晩は日中より涼しい。

冬(6月~8月) - 最低気温10度くらいなので、コートがあれば十分。

春(9月~11月) - 朝晩多少涼しくても、日中は半袖でも過ごせる

 

四季で分けてみましたが、はっきり言って日本みたいにくっきり4つに分かれている訳ではありません。。。

沖縄をイメージ頂ければ、わかりやすいかと思います!

さて、本題のブリスベンのファッションについてですが、

オージーの性格なのか、気候のせいなのか、基本的に男女ともにラフな格好が多いです!

*暑い日によく見かけるファッション

男性は、Tシャツ+短パン+ビーサン

女性は、ワンピース or Tシャツ+短パン+ビーサン

*寒い日によく見かけるファッション

男女ともに、ジーパン+スニーカー、たまにTシャツ+短パン+ビーサン(笑)

 

オーストラリアに何年もいると、オシャレの感覚が鈍ります。

ましてや、オーストラリアで日本のように毎日オシャレする必要がないです。

逆に、オシャレしていると変に目立ってしまいます。

 

2.シーン別TPOファッション

日本ではよく気にされるTOPに合わせたファッションですが、ブリスベンでは結構自由な気がします。

レストラン

ドレスコードあるレストランはほぼないと考えて間違えないと思います。

クラブ

ドレスコードがあるクラブもあります。ビーサン(つま先が出ている履物)はNGの場合が多いです。

結婚式

女性はドレス(カジュアル系も多い)、男性はスーツ(シャツ+ネクタイ)

メルボルンカップブリスベンではないが(笑))

正装が多い。女性はドレス、男性はスーツ。

大学のプレゼンテーションがある日

特に決まっているわけではないですが、気合を入れて来る人が多い気がします。

 

3.若者に人気のブランド

ブリスベンのシティーに行くと、たくさんのショップが並んでいます。

取り敢えず、シティーに行けばなんでも揃います!

特に若者に人気のショップブランドを紹介したいと思いますが、外資の企業が結構参入しているのでオーストラリアンブランドとは限りません!(*はオーストラリアブランド)

 

プチプラ

SUPRE*

Forever 21

H&M

Top Shop

*キレイめ系

Forever New*

ZARA

*カジュアル系

Factorie*

Sportsgirl*

COTTON ON*

*サーフ系

BILLABONG*

RIP CURL*

ROXY*

Quicksilver*

Seafolly*

Tigerlily*